専業主婦卒業宣言!

アラサー専業主婦が専業を卒業するためのブログです。ドラマ・ゲーム・・漫画・お仕事・ヘルスケア・育児などを徒然に書いていきます。

子育てに疲れた時にこそ読んでほしい!育児本おすすめ5選!

スポンサーリンク

f:id:fulmoon3002:20170818034825j:plain

こんにちは!月城です!

 

 できるだけ遊んであげた方がいい、絵本は読み聞かせた方がいい、好き嫌いをなくすために食育も重要・・・など、子供にしてあげた方がいいことは星の数ほど存在します。

 

今回はそんな情報と出来ない自分を比べて、育児そのものが辛くなった時に心のよりどころになってくれる、おすすめ育児本をランキング形式で紹介していきます。

どの本も読みやすく、気持ちが楽になる本ばかりなので、ぜひ「育児が辛い」「子供が可愛く思えない」と思った時に手に取ってみてください。

 

おすすめ育児本5選

1位  子育てハッピーアドバイス  

子供が成長するごとに何度も読み返したくなる、私のバイブル的育児本です。

可愛い四コマやイラストで非常に読みやすく、著者が精神科医療に長く携わっていたため、お母さんに寄り添った文章に心がほぐされます。

「甘えない人が自立するのではなく、甘えたい時に十分甘えた人が自立する」という言葉や、「子供を育てていくうちで一番大切なのは、自己肯定感を育てることです。」という言葉には、自分の経験も踏まえて納得の一言でした。

子育てに行き詰まった時、𠮟り方やほめ方がわからなくなった時、育児の辛い時を共に乗り越えてくれる1冊です。

 

 

2位 産後辛くなったら読む本

産後辛くなった時の、対処の仕方を多く示してくれる1冊です。

産後の精神状態が不安定な理由はホルモンによるもの、ブルーな気持ちになるのは悪い事じゃないなど、バースセラピストで助産師の著者が、柔らかな言葉で解説してくれます。

イラストも多く、妊娠中のストレス解消の仕方を多く紹介してくれているため、産前から読んでおくと非常に助かる1冊でした。

巻末には子供を愛せないお母さんの心理について、踏み込んだ内容も掲載せれていて、自分だけじゃないという勇気がわきます。

読むと自分だけではなく、頑張りすぎている誰かに贈りたくなる本です。

 

 

3位 のびのび子育てこんなお母さんなら大丈夫!

力んでいた肩の力を抜いてくれる一冊です。

国民的アニメクレヨンしんちゃんを題材に、テキトー育児だって問題なし!

お母さんの気持ちを楽にする内容が、しんちゃんの漫画と共に描かれています。

「朝ごはんは、頑張りすぎないで」「子育て中の掃除はほどほどに」など他の育児本で同じことが書いてあっても、なんとなく空々しい言葉が、みさえとしんちゃんのイラストと共に披露されると、クスッと笑いつつ納得してしまいます。

お母さんがストレスなく育児をしていることが大切で、後のことはちょっとくらいテキトーだっていいじゃない!

そう素直に思えるきっかけをくれる作品です。

 

4位 みんなママのせい? 子育てに苦しくなったら読む本

育児の常識をぶち破る育児本です。

発達心理学の専門家の著者が、子育てを辛いと感じるお母さんの気持ちに寄り添ってくれます。

母性幻想、三歳児神話など育児をしていくうえで、プレッシャーになりがちな思考を見事に打ち破る理論は読んでいて清々しい気分になれました。

出来ない自分をつい責めてしまう人に、おすすめしたい1冊です。

 

 

5位 ママの心がふわりと軽くなる 子育てサプリ そのままのあなたで大丈夫!

 語りかけるような優しい文章で、読むと気持ちが軽くなる育児本です。

「いい子だからかわいがるのではありません。かわいがられた子がいい子になるのです」 という言葉には、ハッとするような気付きに溢れていました。

「そのままの自分でいい」と思えた時「そのままの子供でいい」と思えるようになり、子供に優しくできるようになりました。

世のお母さんたちへの、愛とエールが詰まった1冊です。

 

まとめ

子育ては正解がなく、そしてとてもとても長い戦いです。

 

今回紹介した育児本は、そんな長く不安な育児という戦いを共に駆け抜けてくれる、戦友になるものばかりです。

ぜひ辛くなった時、落ち込んだ時に何度も読み返して、共に育児という大きな仕事を成し遂げてください!

この記事が、あなたの素敵な戦友を見つける手助けになることを願って。

 

月城

関連エントリーはこちら!