専業主婦卒業宣言!

アラサー専業主婦が専業を卒業するためのブログです。ドラマ・ゲーム・・漫画・お仕事・ヘルスケア・育児などを徒然に書いていきます。

iPhoneはネット環境なし!Wi-Fiなしでも使える!!

スポンサーリンク

f:id:fulmoon3002:20180528160800j:plain

iPhoneをWi-Fi環境なしで運用できると思いますか?

答は『YES』Wi-Fi環境がなくても、iPhoneを使うことは可能です!実際に私も4S時代に3年、そして現在はWi-Fi環境がない母に、iPhoneの6Splusの新品を母の日のプレゼントとして贈りました。

ただWi-Fi環境がなくても運用はできますが、こんな時が困る!ここが不便ということもぜひ購入前に知っておきましょう!

また、もし自宅にWi-Fiなどの通信環境がない場合の、救済措置についても書いていきますので、ぜひそちらも合わせて読んでください!

 

目次

 

iPhoneはネット環境・Wi-Fi環境がなくても使える!

iPhoneはWi-Fi環境がなくても、問題なく運用することが可能です。

ただいくつか不便なことがあるので、その点だけはもし新しくiPhoneを買うという人は事前に押さえておきましょう。

iPhoneを『Wi-Fi環境なしで使えるか?』をAppleに直接聞いたところ『使えます!実際に多くの方が使ってます!』という言葉を頂きました!

 

Wi-Fi環境がないと困ること

初期設定

iPhoneの初期設定はWi-Fi環境がないとできません。この点についてdocomo・Softbank・auなど契約を実際の店舗で行った際に、フリーWi-Fiを使って行いましょう。

SIMカードを契約するときに、Wi-Fi環境がない事を話しておくと初期設定の間店舗にいても居心地が悪いということもありません!

もし格安SIMを検討している場合は、ショッピングモールに入っている実店舗を利用するなどの対策を取りましょう。

私はSoftbankの店舗でワイモバイルの契約をしたので、初期設定(アクティベーション)は店員さんやってくれました!

 

バックアップができない

iPhoneのバックアップは、iCloudかパソコンにituneをインストールして行います。ただどちらもWi-Fiがないと使えないため、万が一のバックアップをとることができません。

ですがオフラインでも、専用のフラッシュメモリーさえ手元に用意していれば、通信環境がなしで楽々バックアップを行えます!(値段は128Gで1万円ぐらいなので容量の多いiPhoneを買うよりお得です!)

 

アップデートができない

iPhoneは数カ月に一度、機能の向上や新しい要素を取り入れるなどOS(iPhoneの脳みそ部分)のアップデートを行います。

しかしWi-Fiと電源が取れる環境がないと、このアップデートを行うことができないため、古いバージョンを使い続けることになります。

 

アップデートができないと、何ができないかというと特にはありません。

ごくたまーに3年とか4年とかアップデートしていないと、アプリの動きが悪くなることもあるようですが、そこまでゲームなどを多用しなければ体感の支障はほぼありません。

ただ更新しない期間が長いと『更新してください』という通知が結構な頻度で出るので、うっとおしい場合は通知設定をオフにしておきましょう!

 

大きなアプリをインストールできない

 100MG以上の大きなアプリをインストールすることができません。ただこれぐらい大きなアプリというのは、基本的に容量の大きなゲームのアプリぐらいです。

 

そもそもWi-Fi環境がないと、起動やインストールに大きな容量を使うアプリの使用は難しいので、どうしてもインストールしたいアプリがある場合のみ、最寄りのフリーWi-Fiを使い行いましょう。

普段2Gや5Gの契約の人は、容量をめちゃくちゃ使うゲームは推奨しません。

起動だけで結構な容量を食うから、普段使いに影響が出るよ。この辺は一つの割り切りが必要だね。

 

自宅にWi-Fi環境がない場合の救済措置

f:id:fulmoon3002:20180528160827j:plain

いくつかWi-Fiがないと不便なことをあげましたが、ここではWi-Fiを自宅に置いていない場合の救済措置をまとめました。

バックアップを取りたい!アップデートをしたい!など限定的にWi-Fi環境を持てる方法も紹介しているので、ぜひ自分の困り度に合わせてどの救済措置をとるのか検討してください!

一時的にポケットWi-Fiをレンタルする

あまり他のサイトでは紹介されていませんが、個人的に一番おすすめの方法です。

どうしてもアップデートが必要になった場合やバックアップを取りたい場合(例えばOSが古すぎて、アプリのインストールや起動がうまくできなくなったなど)ポケットWi-Fiをレンタルできる会社に申し込み、限定的に自宅にWi-Fi環境を作ります。

ポケットWi-Fiはレンタルなら、電源ボタンをポチっと押すだけで電波が出るので、後はパスワードを入力すれば、すぐにWi-Fiが使えるようなります。

ポイントは一泊二日とか一週間など選択できるので、料金安く抑えられ継続的な維持費もかかりません

普段からそこまで使う予定がない人、近くにフリーのWi-Fi環境がない人、アップデートなど限定的にWi-Fiが利用したい人はぜひこちらの救済措置をおすすめします!

 

入院中はポケットWi-Fiのレンタルのお世話になりました!アップデートなど大きな容量の通信が考えられる場合は『無制限プラン』を選んでください!

上のサイトは往復送料無料のキャンペーンをよくやってるから、おすすめだよ! 

フリーWi-Fiを使う

お店や各通信会社のフリー(無料で誰でも自由に使える)Wi-Fiを利用しましょう。

今はカフェなどもフリーWi-Fiが充実しているので、ぜひ自分の生活圏内で『フリーWi-Fiがあるところ』『フリーWi-Fiもあり電源も利用できるところ』の2つを探しておきましょう!

電源も利用できるところであれば、OSのアップデートも安心です!

ただ一フリーWi-Fiは完全に安全というわけではないので、その点だけは頭に入れておきましょう!

友人や親せきの家のWi-Fiを使う

もし気心知れた友人や親せきがいるなら、正直にWi-Fiを使わせてほしいことをお願いしてみましょう。

ただ据え置き機を置いてない家庭(ポケットWi-Fi使っているなど)の場合は、通信量に制限があるため無理にお願いすると、相手に迷惑をかけてしまうこともあります。

見分けるポイントとしては『パソコンなどをネット接続して使っている』『動画などをよく見ている』場合は、通信料無制限で契約しているケースが多くこの場合は相手に負担を与えることなく、スムーズに了承を得ることができます。

ituneを使う

Wi-Fiは必要ありませんが、インターネット接続したパソコンがあればできる方法です。

PCにituneをインストールして、itune上にバックアップを取ったりituneを通してアップデートをすることができます。ただこの方法はWi-Fiはないが、有線でPCをインターネットに接続している場合の対処法です。

ただもし自宅に有線のパソコンがあるなら、こちらの方法のみこの機会にWi-Fiルーター(家の中に電波を飛ばす補助機)設置することをおすすめします!

家の中だけで使うなら、これを買えば通信量を気にせずネットし放題になります! 

 

まとめ

iPhoneはWi-Fi環境がなくても利用できますが、いくつかの我慢ポイントが存在します。

 ただこの我慢ポイントも、事前に知っていれば対処できるものも多いのでiPhone購入前に、

『どんなデメリットがあるのか?』

『自分はどの対策を取ろうか?』

『もしもの救済措置はどれを利用するか?』ぜひ考えておきましょう!

 

今回私は、自宅にWi-Fi環境がありますが、遠く離れた母にスマホを送るため、色々なことを調べました!

Wi-Fiがなくたって、iPhoneデビューはできます!ぜひ自宅の通信環境で諦めたりしないで、充実したiPhoneライフを楽しんでください!

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました!

 

月城