専業主婦卒業宣言!

アラサー専業主婦が専業を卒業するためのブログです。ドラマ・ゲーム・・漫画・お仕事・ヘルスケア・育児などを徒然に書いていきます。

虹の橋のもとで待つ君へ

スポンサーリンク

f:id:fulmoon3002:20181123202343j:plain

不器用で、甘えん坊で大好きな君へ

 

突然すぎるお別れが寂しいよ。

 

虹の橋があるそこは、もう苦しくありませんか?

 

仕事と育児に追われて、病気の発見が遅れてしまったママを君は恨んでいますか?

 

でも、ほんの少しでも、ほんのちょっとの間でも、君の病気に向きあう時間をもらえてよかった。頑張ってくれてありがとう。

峠を乗り越え、やっとご飯も食べてくれるようになったのに、すぐにまた肺に水が溜まっちゃったね。それでも、なでられると嬉しそうに、喉を鳴らしてくれたよね。

 

薬を飲むのが大変で、やっと最近チュールで上手に飲めるようになってたね。

 

それでも、頑張ったけど、3度目の肺水腫は、乗り越えられなかったね。ママがもう少しはやく病院に連れていけていたら、もう少し長く生きてくれたのかな?もうちょっとでも、もう少しでも一緒にいたかったよ。

 

最期の時は、心臓マッサージをされて、肺から水を抜くためにくために、逆さになって振り下ろされている姿が、目に焼き付いてまだ離れてくれません。最後の瞬間は、おだやかにみんなで送り出してあげたかったなぁ。

 

あんなに苦しくて、痛そうで、大変なお別れはいやだよう。

 

まだたった6歳で、旅立つなんて早すぎるよ。

 

気づくのが遅れてごめん。最期の時なぜてあげられなくてごめん。

 

不器用で、甘えん坊で、怖がりで、家族以外に全くなれない君が、大好きだったよ。

 

もし本当に虹の橋があるなら、そこでゆっくり待っていてください。きっとそこにいる子たちは怖くないから、新しいお友達もできるかもね。そしたら、また紹介してね。

 

大切な時間を、一緒に過ごしてくれてありがとう。

 

大好きな君へ、虹の橋もとで待つ君へ、待っていてください。ちょっと時間はかかるけど、またみんなで暮らそうね。

 

大好きな君へ、後悔ばかりが残ってしまうお別れになってしまったけど、たくさんたくさん泣いたら、また元気な頃の姿を思い出して、ちゃんと笑うから心配しないで。

 

大好きな君へ、臆病だから怖がりだから、きっと今は寂しいと思うけど、いつかまた必ず会おう。

 

きらめく時間を共に過ごせたことに、精一杯の感謝を込めて。

 

2018年11月21日