専業主婦卒業宣言!

アラサー専業主婦が専業を卒業するためのブログです。ドラマ・ゲーム・・漫画・お仕事・ヘルスケア・育児などを徒然に書いていきます。

医療ドラマおすすめランキング22選!命をかけたドラマに涙しろ!

スポンサーリンク

f:id:fulmoon3002:20180823121932j:plain

 今回は医療ドラマのおすすめをランキング形式で紹介していきます!

他ではないシリーズごとのランキングにしたので、シリーズたくさん出てるけど全部面白いの?どれが一番おすすめなの?疑問にもばっちり答えていきます!

以下わかりやすいようにルールを定めます。

  • 2018年9月現在完結している作品にします。
  • 今回のランキングは医療ドラマのみの選出とします。
  • 医療ドラマであれば、シリアス・ギャグなどはといません。
  • 長編シリーズになっている作品は、シリーズごとの判断とし、一番よかったシリーズを選出します。
  • 長編シリーズはシリーズごとの判断を★で評価しています。
  • 月城の独断と偏見です。その辺りはご容赦ください。

 それでは、はりきっていってみましょう!!忙しい方は目次をつけましたので、お好きなところからどうぞ!

【2018/09/29 2選追加】

目次

 

涙腺決壊!感動必死!王道医療ドラマおすすめランキング9選!

ここからは、命の尊さを知る王道医療ドラマのおすすめ順にランキングで紹介していきます。医療ドラマで何を見ようかな?と迷っているならまずはこのランキングから視聴するドラマを探してみてくださいね!

9位 風のガーデン

人生の終わりを考える医療ドラマです。余命宣告をされた麻酔医の白鳥貞美(中井貴一)が、過去の過ちと向き合い故郷に帰り穏やかな最期を迎えます。

医療ドラマというとスピード感ある治療や、緊迫した手術シーンが多い中、とにかく優しく、ゆっくりとした時間の流れを感じることのできる作品でした。

人が生きる意味とは?生きた証とは?そんなことを考えさせられる、秀作です。

 

8位 JIN-仁ー

タイムスリップ医療ドラマです。脳外科医の南方仁(大沢たかお)が、幕末の江戸にタイムスリップし、医師として苦悩しつつも患者を救っていきます。

タイムスリップもので絶対にぶつかる、「過去を変えてしまったら、未来は変わるのか?」という問いにも、仁なりの結論を出し、覚悟を決める姿は胸を打ちました。

もし自分が江戸時代に飛ばされてしまったら?もしそこで自分が重大な選択を迫られたら?そんなことをつい考えたくなる医療歴史大作です。

 

7位 雲の階段

苦悩と選択の医療ドラマです。過疎の離島で半ば必然的に、メスを握ることになってしまった医師免許を持たない相川三郎(長谷川博己)が、罪悪感に駆られつつも医療行為を続けてしまいます。

見捨てることは正義か?メスを握ることは本当に悪か?最後まで視聴者を離さない衝撃作です。

 

6位 グットドクター

感動のヒューマン医療ドラマです。サヴァン症候群を抱える医師 湊(山崎賢人)が、兄のような「大人になれない子供をなくす」ため小児外科医として成長していきます。

こんな医者に子供をまかせられない、自閉症を抱えて小児外科医なんて無理だ、という周りからの圧力にも、決して諦めない湊がとても眩しい作品でした。

医療という命の現場に少し泣けて、湊の真っすぐさに救われて、最後に温かい気持ちになれるドラマです。

 

5位 コードブルー (第1シリーズ)

救命医療ドラマです。どんな手段よりも早く医師を現場に運び、患者を搬送するドクターヘリの若き候補生4人が、命の護る最前線で奮闘します。

黒田先生の厳しいけど「その通りだ、よくやった」に、フェローだけでなく、私自身も感動し震えました。最終回「生と死」のトンネル多重事故の回は、命の選択と結末と最後のシーンの二人の会話に、涙が止まりませんでした。

命とそして若き医師たちに心打たれる作品です。

第一シリーズ   :★★★★★★彡

第二シリーズ   ★★★★★

第三シリーズ   :★★★★★

どのシリーズを見ても、変わらぬ緊迫感と面白さがあります。シリーズが進むごとに主人公たちが成長し、成長したからこそぶつかる新しい問題が納得でした! 

 

4位 アンナチュラル

最期の声を聞く医療ドラマです。「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く法医学位 三澄ミコト(石原さとみ)が、不自然で不条理な死に対抗していきます。

シナリオがどれも圧巻で、残された人の深い悲しみと絶望を描いた「死の報復」の回は、婚約者が最後に下した結論に溢れる涙が止まりませんでした。法医学を医療ドラマとするかは賛否あるかもしれませんが、多くの人に知ってもらいたい傑作です。

 

 

3位 救命病棟24時 (第2シリーズ)

救命医療ドラマの傑作です。研究職から臨床の最前線『救命救急』に左遷された香坂(松雪泰子)と、凄腕救急医 進藤(江口洋介)が命の現場でギリギリの戦いに挑みます。

『1万人の命を救うための研究が大事だ』という香坂先生に、『たった一人の命を救えなくて、何が1万人だ・・』という進藤先生のセリフに撃ち抜かれました。

第一シリーズ   :★★★★☆ 

第二シリーズ   ★★★★★★彡

第三シリーズ   :★★★★★

第四シリーズ   :★★★★☆

第五シリーズ   :★★★☆☆

第五シリーズで進藤先生ではなく、 楓先生が主役になってしまったのが残念。。最終シリーズだからこそ、進藤先生で終わってほしかった。

 

2位 コウノトリ 第一シリーズ

命の尊さを感じられる作品です。赤ちゃんが無事に生まれるって、こんな奇跡みたいにすごい事なんだ、という当たり前のことを、何度も実感させてくれる作品でした。

あまりにリアルな出産現場と、赤ちゃんの生まれたてさに何度も、本当に撮影して大丈夫なの?といいたくなりました。子供を持つお母さんなら、絶対に泣ける作品なので、ぜひまだ未視聴の方は、感動を味わってください!

第一シリーズ   :★★★★★★彡 

第二シリーズ   ★★★★★★彡

第一・第二ともに、安定して泣ける超名作でした(´;ω;`)第三シリーズを熱望している作品でもあります。 

 

1位 Dr.コトー診療所 (第1シリーズ)

泣ける医療ヒューマンドラマです。都会からはるか離れた離島に、やってきた元凄腕外科医の五島健助(吉岡秀隆)が、離島医療という厳しい現実に向きあっていきます。

島へ派遣される医師への島民の頑な態度の理由や、離島での医療の現実に毎回涙が止まりませんでした。「救えない命」の回では、大切な人を救えないコトー嘆きと自分への怒りが、画面越しに伝わり流れる涙を止めることができませんでした。絶対に泣ける!!と断言でいる名作なので、泣きたい時にぜひどうぞ!

第一シリーズ   :★★★★★ 

第二シリーズ   ★★★☆☆

心が温かくなって泣ける第一シリーズから、 暗いシーンが多い第二シリーズになってしまった。視聴するなら絶対に第一シリーズがおすすめです。

 

泥沼!派閥争いがすごい医療ドラマ5選!

ここからは医療ドラマだけど権力争い、派閥争いなど、医療以外の見どころがあるドラマをランキング正式で紹介していきます。命をかける現場だけでなく、ドロドロとした病院の裏側も知りたい!っという人はこちら選んでみてください。

5位 DOCTORS

二面性のある医師に翻弄される医療ドラマです。優しく親しみやすい顔と、脅し残酷な決断を下す顔、二面性のある顔を持つ医師相良浩介(沢村一樹)が、冴えわたるメスさばきで患者を救っていきます。

憎みくれない悪役の森山(高嶋政伸)や、やる気のないメンバーたちも、相良に尻を叩かれることで必然的にペースに巻き込まれていくのは、見進めるごとにはまってしまいました。

シリーズ1を見たら、絶対に次のシリーズが見たくなる、そんな癖になる作品です。

第一シリーズ   :★★★★★ 

第二シリーズ   ★★★★☆

第三シリーズ   :★★★☆☆

個人的に第一シリーズの断トツの面白さから、次第にトーンダウンしてしまった印象です。 

 

4位 医龍 ~Team Medical Dragon~  第一シリーズ

医療ヒューマンドラマです。医療界に革命を起こすほどの天才的な腕を持つ朝田龍太郎(坂口憲二)が、心臓手術の難関であるバチスタチームを結成していく物語。

「手術1回、100万円」と言い切る守銭奴 麻酔医 荒瀬の過去と、荒瀬が朝田に心を開く回が、大好きで何度視聴してしまいました!医局の派閥争い、難関な手術の緊迫感、個性溢れすぎるキャラクターのどこを切り抜いても、傑作と呼べる作品です。

第一シリーズ   :★★★★★彡

第二シリーズ   ★★★★☆

第三シリーズ   :★★★☆☆

第四シリーズ   :★★★★☆

第一シリーズが圧倒時に楽しめました!残りも悪くないのですが、やっぱり1と比べちゃいますね(;^ω^) 

 

3位 チームバチスタの栄光

医療ミステリードラマです。成功率100%を誇っていた、心臓手術のスーパーチーム『チームバチスタ』が、3症例続けて術中死を出してしまいます。

術中死は果たして、事故か殺人か?原作とは異なるキャラクターの性格や、ラストの展開でしたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。

私は映画→原作→ドラマの順に視聴しましたが、どの作品も別の意味で『面白かった!!』言える稀有な作品です。

チームバチスタの栄光   :★★★★★★彡 

ジェネラルルージュの凱旋 ★★★★★

アリアドネの弾丸     :★★★★☆

螺旋迷宮         :★★★☆☆     

※チームバチスタは、シリーズがSPドラマも多くわかりにくいので、視聴の際はぜひ一度順番を確認してください。今回は連続ドラマのみの評価にしてます! 

 

2位 ドクターX ~外科医・大門未知子~ 【第一シリーズ】

爽快医療ドラマです。大学病院という魑魅魍魎が跋扈する組織の中で、誰にも属さず、誰にも従わず、誰にも媚びない、フリーの外科医の大門未知子(米倉涼子)の心意気に、1作目から惚れてしまいました。

「いたしません」「私、失敗しないので」など、自分も社会人になったら、きっぱり言いたいけど、言えないセリフをズバズバいう未知子は、カッコいい!!の一言につきます。

仕事でイライラしてるとき、日頃の鬱憤が溜まっている時に見ると、元気になれるドラマです。

第一シリーズ   :★★★★★★彡 

第二シリーズ   ★★★★★

第三シリーズ   :★★★★★

第四シリーズ   :★★★★★

シリーズを通して、ずっと面白い、ずっと見ていたいまれな作品!!パターン化してるけどそれが、いい!!と素直に思える作品です。 

 

1位 白い巨塔

派閥医療ドラマの傑作です。外科医としての自信と野望に燃える財前五郎(唐沢寿明)が、頂点に上り詰めるまでの過程と没落が描かれています。

実力がありギラギラとして野心に燃えていた財前と、常に患者のことを考える里美など、登場人物全てに納得できる信念がありました。

1話を見始めたら止まらない作品なので、ぜひ時間の取れる時に視聴をおすすめします。

 

ナースが主役の医療ドラマ3選!

ここからは、医療現場では欠かすことのできない看護師にスポットライトを当てたドラマをランキング形式で紹介していきます!

3位 ナースのお仕事 シリーズ3

コメディ医療ドラマです。ドジで新米ナース 朝倉いずみ(観月ありさ)が、笑いあり、涙ありの経験を重ねて一人前のナースになっていく物語です。

シリーズどれも面白いですが、やっぱり高杉先生(藤木直人)が出てくる3が一番印象に残りました!ドジだけどだからこそ、患者と近い位置で物事を見ることができるいずみを、可愛いと感じる素敵な医療ドラマです。

第一シリーズ   :★★★★☆ 

第二シリーズ   ★★★★☆

第三シリーズ   :★★★★★★彡

第四シリーズ   :★★☆☆☆

大好きな作品だからこそ、最後の第四シリーズは『どうして!?』『なんで!?』の連続でした。第3シリーズ+SPドラマとかで終わっていたら一番よかったのになあ~・・・。 

 

2位 ナースマン

ナースのお仕事の男版です。女社会の看護の現場で、新米看護師 高沢裕次郎(松岡昌宏)が、コミカルに働く物語。

終始笑い散りばめた作品ですが、その中にも女社会独特の派閥争いや看護という命と向き合う現場の厳しさを垣間見ることができました。コメディータッチの医療ドラマが見たいと感じた時にぜひどうぞ!

 

1位 Ns'あおい

看護とは何かを考えさせられるドラマです。真面目で有能な看護師 あおい(石原さとみ)が、ある疑問を抱えつつ医療の現場に関わっていきます。

清廉潔白すぎるあおいが、病院の体質とぶつかっていくところはハラハラしましたが、最後まで胸がスッキリとするドラマでした。

自分も病気になったらあおいちゃんみたいな看護師に、救って欲しいそんなことを考えてしまうドラマです。

 

必見!意外な科の医療ドラマ

ここでは普段あまり馴染みのない科の医療ドラマを紹介していきます。おすすめ順にはしていませんので、気になる取り扱い科があればぜひ見てみてください。(個人的には入手は難しいですが、ゲストも豪華で話題にもなった、心療内科医・涼子がもうちょっと広まればいいのになと思っています)

 

透明なゆりかご 【個院の産婦人科】

個人産院をテーマにした医療ドラマです。「日本人の死亡原因の一位は悪性腫瘍(がん)じゃない、アウス(人工中絶)だよ」悲し気に語る先生の言葉が、初回から胸に刺さりました。

人口中絶の手術を受け、アオイが『透明なゆりかご』と表現した小さな小瓶に命だったカケラを集める様子は、普通の産科ドラマにはない迫るものがあります。

14歳の妊娠。たった7日間の命と向き合う夫婦。妊婦の大量出血による突然死。綺麗ごとじゃない、辛く悲しい現実に向きあう産科という現場の壮絶さを感じる作品です。

※原作もとても好きですが、ドラマは非常に原作の雰囲気・内容を大事にして作られています。画像は原作のものです。

 

クレオパトラな女たち 【美容整形外科】

美容整形に切り込んだ意欲作です。美容整形に消極的な医師 岸峯太郎(佐藤隆太)が、美容整形専門のクリニックで働き、美とは何かを考えていく作品です。

美容整形は正義か悪か?正義とするならば、どこまでを良しとするのか?を、美容整形に偏見を持つ峯太郎と共に考えさせられました。10人いたら10通りの考えがある。女性だけでなく男性にもぜひ見て欲しい作品です。

 

Dr.倫太郎 【精神科】

精神科人間ドラマです。売れっ子コメンテーター&スーパー精神科医・倫太郎が、DVや多重人格など重い精神疾患と向き合っていきます。

診察してすぐ原因がわかって、直ぐ完治!というリアリティーには欠けていましたが、精神科とは?心を病むとは?という普段知りえない世界の一端を掴める作品です。

 

心療内科医・涼子 【心療内科】

問題作とされ異例の事態になった医療ドラマです。心療内科医の枠を超え、患者に向きあう涼子や取り上げる病例から、実際の心療内科の範囲を逸脱していると賛否を巻き起こしました。

1997年当時1度だけの視聴でしたが、ビー玉を手の中で転がして緊張をとる、壁に粘土をぶつけて気持ちを爆発させるなどの涼子の治療風景は今も鮮明に覚えています。当時はセンセーショナル過ぎて受け入れられなかった作品ですが、この作品こそ多くの人に見てもらいたいと思える精神科医療ドラマです。

 

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 【解析診断部・診断医】

謎の病を解き明かす医療ドラマです。凄腕脳外科医の橘志帆(吉田羊)が、メスを置き画像解析という分野で、原因不明の謎の病を解き明かしていきます。

医療ドラマとしてだけでなく、志帆が見る娘の幻覚やメスを置いた理由などサスペンス要素にも引き込まれました。

手術で見せる医療ドラマに飽きた方は、ぜひ視聴してみてください。

 

惜しい!ランキング選外の医療ドラマ

ブラックペアン

技術と研究の火花を感じる医療ドラマです。患者の体の中に残された、一つの医療器具『ペアン』を巡る謎と、医者の頂点をかけたデッドヒートが描かれています。

途中までは非常に面白い話でしたが、患者置いてけぼりの医療現場を描く様子や、一番の肝のブラックペアンの謎が納得できず今回は選外としました。

医療現場の泥沼的戦いが好きな人は、視聴してもよいかもしれません。

 

聖なる怪物たち

サスペンス医療ドラマです。嵐の夜駆け込んだ1人の妊婦が、男の子を生み落とし命を落とします。最初は普通の医療ドラマのような展開ですが、次第に母親の死の真相は?代理出産の行方は?など、昼ドラ顔負けのおどろおどろしい展開になっていきます。

サスペンス医療ドラマとして視聴するのではなく、ドロドロした展開を楽しむ作品として視聴をおすすめします。

 

まとめ

医療ドラマを見るたびに、医師という仕事はなんと難しいことか・・・。と感じてしまいます。

正解のない命の選択、成功するかわからない究極の手術、見えない人の気持ち、それらを身近に感じられる医療ドラマは、感動と涙と生きることの意味を教えてくれます。

今期は「透明なゆりかご」「グッドドクター」という考えさせられるドラマを2本も視聴したため、思わずこの記事を一気に書き上げてしまいました!(上記については後日追記します!!)

 

心が疲れてしまった時、すごく泣きたい時、ぜひこのランキングを参考にしてください!この中にあなたの気になる作品が1つでもあることを願って。

 

月城

 

※グットドクター・透明なゆりかごは追記しました!どちらもとても素敵な作品だったので、医療ドラマを探しているならぜひ視聴をおすすめします!!

 

ドラマ関連エントリーはこちら!