専業主婦卒業宣言!

アラサー専業主婦が専業を卒業するためのブログです。ドラマ・ゲーム・・漫画・お仕事・ヘルスケア・育児などを徒然に書いていきます。

生れてこなければよかった…と呟く君へ~生きることの意味とは何だろう?~

スポンサーリンク

f:id:fulmoon3002:20190403211958j:plain

何もかもうまくいかない、やることなすこと裏目に出る、もう生きることが苦しい。

人生に絶望してしまうと、そもそもこの苦しみの原因は「この世に生まれ落ちてしまったことだ」と悲観してしまうことがあります。

今回はそんな「生まれてこなければよかった」と呟いてしまうあなたへ、生きることの意味とは、そして生きることがほんの少しだけ楽になる方法を綴っていきます。

 

目次

生れてこなければよかったと思ってしまう時の対処法

自分を許してあげる

f:id:fulmoon3002:20190403212009j:plain

できない自分を、思うようにいかない現実を、まずは責めずに許してあげましょう。

『普通の人』ができていることが、なぜか全然うまくできない。どうしても欲しいと望んでいるものが、自分にはどうしても手に入れられない。そんな風に自分に失望してしまっている時、人は生きることに対して絶望しやすくなってしまいます。

人と自分は違って当たり前です。

できない自分を責めないで、時には「そういうこともあるよね~」と自分を許し励ましてあげてください。

 

どうしても辛いなら逃げよう

生れてきたくなかったと考えるほど、い詰められているなら、自分を追い詰めていることから全身全力で逃げる方法を探してみましょう。

逃げられないと思い込むから、辛さが増してしまうんです。自分で自分に『もうこれ以上辛いなら逃げていい、もうやめていい」と許可を出すことができれば、辛い気持ちから大きく脱却することができます。生まれてこなければよかったと、呟いてしまうあなたの心はもう限界です。

つらいなら、苦しいなら、もう我慢できないなら、今全力で逃げてください。

 

楽しかったことを思い出してみる

f:id:fulmoon3002:20190403212022j:plain

あなたの一番楽しい思い出はなんですか?

例えば家族で行った花火大会、初めて子供が生まれた時、テストで100点を取ってお母さんに褒められた時。きっとあなたの人生には、あなたしかわからない幸福な瞬間がいくつもあったはずです。

今が辛いなら、苦しいなら、目を閉じて自分が昔とても嬉しかったこと、幸福に感じたことをできるだけ鮮明に思い出してみましょう。

そして『生まれてくることがなかったら、こんなことも経験できなかったんだな』と一言だけ呟いてみてください。

この時、だから生まれてきたことが正解だったんだ!と思い込む必要はありません。生まれたきたからこういう素敵なこともあったんだ、という事実だけを呟ければ十分です。

繰り返すうちに思い込ませるのではなく、自分の中で「辛いこともたくさんあるけど、楽しいこともあったんだな」と心にストンと落ちる瞬間が、いつか必ず訪れます。言い聞かせなくていいんです、自然と訪れるあなただけのタイミングが大事なのですから。

 

目の前の幸せに目を向ける

今日朝起きられたこと、ご飯が美味しく食べられていること、屋根のある家で寝れていること。こんな風に自分の周りにある「当たり前の幸せ」に目を向けてみましょう。

生れてこなければよかったと思っている時、あなたの視野はとてもとても狭くなっています。

仕事が全然うまくいかない、もう生きているのが辛い、自分から死ぬのも怖い。もうどうすればいいかわからない、こんなに辛いなら「生まれてこなければよかった・・・」

受験に失敗してしまった、自分の人生はもう終わった。こんなに辛くて惨めな思いをするくらいなら『最初から生まれてきたくなかった』

どんな場合でもあなたが追い詰められていることには変わりはなく、そしてその現状から脱出するのはとても大変です。

ですが、自分の周りに咲く小さな幸せの花たちを、見つける目をもつことが出来れば、あなたの見ている世界は少しずつ変わり始めます。

 

頑張らなくちゃを手放す

f:id:fulmoon3002:20190403212039j:plain

頑張らなくちゃ、まだ頑張れるはず・・・。こんな言葉が口癖になってはいませんか?

頑張ることはすごいことです。辛くても毎日必死に頑張れるという事は、一つの偉大な才能です。だけどもし、この「頑張る」という行為があなたを追い詰めているとしたら、いっそのこと頑張る自分をやめてみましょう。

普段から頑張っているあなたが、少しだけ肩の力を抜いても誰も責めたりしません。もしそれで文句を言う人がいたとしたら、その人との付き合い方を今後考えればいいのです。

人は誰でもずっと頑張ることはできません。頑張らなくちゃ、もっともっとと思っている時は黄色の信号が点滅していると思ってください。

 

誰かと比較するのをやめる

他人の物差しで生きることをやめましょう。

上司に評価されないと、親に認めてもらわないと、友達にすごいと思ってもらわないと。そんな風に常に誰かと自分を比較して一喜一憂していると、どんどん自分で自分を認めてあげることができなくなってしまいます。

他人の評価に左右されず、自分の努力は自分で評価することができるようになれば、あなたの心はもっともっと軽くなります。すぐには難しいかもしれませんが、もし他人の評価を気にしすぎる気質があるなら、今日から自分は自分の努力をどう思っているのかを考えながら過ごしてみてください。

 

生れてこなければよかったと思ってしまう原因

「生まれてこなければよかった」と感じるほどあなたを追い詰めた原因はなんだっだのでしょうか?この章では、あなたの心の潜む原因について感が定期ます。

自分は無力だと感じるから

f:id:fulmoon3002:20190403212301j:plain

自分が無力だと感じることほど、生まれてきたことや生きることの意味を見失うことはありません。

もしあなたがまだ子供だとしたら、きっとあなた自身がその環境を変えることはとても難しいでしょう。でも、だからこそ、もう少しあなたが大人になれば、たくさんの自由な考え方や自由な交友関係、自分で選ぶことのできる『未来』が広がっていることを知ってください。

もし親や先生があなた自身の叫びを受け取ってくれなくても、そこで絶望せずに、そんな大人は自分から見限って、大人になったあなたが全て捨ててしまえばいいんです。

自分の生まれてくる場所を、私たちは選ぶことはできません。

ですが大人になったあと、自分の生き方を選ぶことはいくらでもできます。今ここで絶望しないで、まだ誰もわからないあなたが未来を諦めないでください。

 

疲れすぎているから

疲れすぎている時、人はもう頑張れない。これ以上もう何もできない!こんなことなら、いっそ生まれてきたくはなかった。と感じてしまいます。

心も体も疲弊しすぎているせいで、正常な思考力を失っているため、全ての原因はこの不平等で、苦しさが蔓延する世界に生まれ落ちてしまったことだと考えてしまうのです。

疲れているなら休みましょう。休めないと思っているなら、まずその考え方を見直すところから始めなくてはいけません。どんな偉大な人物でも、休息をとらずに偉業をなしえた人はいないのです。

疲れているなら休みましょう。当たり前だけど、忙しく真面目な人ほどこれができていないのですから。

 

現状が辛すぎるから

f:id:fulmoon3002:20190403212312j:plain

疲れているだけでなく、現在自分が置かれている状況が辛すぎると、なぜこんなに辛い気持ちにならなければいけないのか?と感じ生への執着が希薄になります。

辛い現状に心が耐えられず、死ぬことや生まれてこないという起こりえない未来を想像して、心の安定を図ろうとしているのです。

 

生きることの目的を失っているから

生きることの大きな目的を見失うことも、自分の生きる意味について疑問に感じる原因となります。例えばスポーツ選手なら、故障で選手生命を絶たれてしまったら「今まで自分のやってきたことはなんだったのか?」「これから自分はどうやっていきていけばいいのか?」とい事に思い悩み、結果として心を病み「生きていたくない」「生まれてこなければこんなつらい感情に苛まれることもなかった」という結論に達してしまいます。

 

生きることの意味って何だろう?

生きることの意味を少し大げさに考えすぎてはいませんか?生きることの意味を大げさに考えすぎると、人生はとても重苦しいものになってしまいます。

生きることの意味なんて、例えば飼っている猫のため、月に一回の大好きなお店のショッピングのため、1日の終わりの冷えたビールのため、そんなものでいいんです。

そして生きていることに大きな目的を持たなくても、人は十分幸せに生きていくことができます。

もしあなたが自分の生きていることの意味はなんだろう?自分の生きる目的は一体なんなのか?という疑問に取りつかれてしまったら、「ちょっと難しく考えすぎているんじゃない?」と自分に突っ込みをいれてみてください。

生きていることの意味は些細で小さな幸せで充分です。そう自分の中でちゃんと思うことが出来れば、きっとあなたの肩に乗る重い『何か』も形を変えてくれるはずです。

 

生れてこなければよかったと呟く君へ

f:id:fulmoon3002:20190403212332j:plain

この世に生まれ落ちることは、自分で選択できることではありません。

どんな親の元に生れるか、どんな環境で育てられるかも、自分自身で決められることではありません。

だから、つらい時・苦しい時、「生まれてきたくなかった」と感じてしまうのは、なんらおかしいことではないんです。

だけどその気持ちをずっと抱えて生きることは、つらくて、苦しくて、きっとあなた自身のためにはなりません。だからこそ、そこまで追い詰められている自分を立てなおす方法を試してみてください。

ここに書いてある方法だけでなく、たくさんの情報を知りそしてたくさんの対処法を試すことは、必ずあなたの大きな武器になってくれるはずです。

 

この記事を読んでくれてありがとう、そして今この時に生れてきてくれてありがとう。

 

月城

 

メンタル関連エントリーはこちら!