専業主婦卒業宣言!

アラサー専業主婦が専業を卒業するためのブログです。ドラマ・ゲーム・・漫画・お仕事・ヘルスケア・育児などを徒然に書いていきます。

泣けるドラマおすすめランキング21選!大人が号泣できる作品を厳選!

スポンサーリンク

f:id:fulmoon3002:20181119113123j:plain

今回は、涙腺決壊・号泣必死のドラマを厳選して集めました!ドラマ中毒者の私が、泣けたランキング順に記載していくので、ぜひ思いっきり泣いてスッキリしたい時、感動する作品が見たい時に参考にしてくてください!

また泣きたいドラマだけでなく、色々なドラマのランキングが知りたい方はこちらの記事も参考にしてください!

 

 以下ルールをまとめます。

  • 2018年11月現在、完結しているものにします。
  • 日本のドラマのみとします。
  • ジャンルごとにランキングをつけ、総合ランキングは後述することとします。
  • 作品の良さを重視するため、主演被りなどは考慮しません。
  • 今回のランキングは『どれだけ涙できるか?』を重要視しています。ラストは納得できない、作品全体は好みではない『でも涙が止まらない』という作品もランキングに入れています。
  • ランキングは月城の独断と偏見です。その辺りはご容赦ください。

さて、それでははりきっていってみましょう!

目次

 

泣けるドラマおすすめランキング~恋愛編~

4位 リッチマン・プアウーマン

シンデレラ・ラブストーリーの良作です。金も地位も才能も溢れるが人の気持ちがわからない日向 徹(小栗旬)と、高学歴なのに就職難にあえぐ、夏井 真琴(石原さとみ)が惹かれ合っていきます。
人の気持ちが理解できずトラブルを起こす日向の前に、真琴が現れ彼女に振り回されつつも、次第に相手の痛みや気持ちが理解できるようになる様子に、トキメキが止まりませんでした。

二人の恋模様だけでなく、ずっと日向のよき理解者であり共同経営者だった朝比奈の心境など、丁寧な心理描写も好印象です。

すれ違う恋に泣き、すれ違う親友の思いに泣き、最後は感動させてくれる珠玉のラブストーリーです。

 

3位 義母と娘のブルース

バリキャリの亜希子(綾瀬はるか)と、シングルファザーである良一(竹野内豊)の偽装結婚から始まる本当の愛と家族の物語です。

ホームドラマに入れようか迷いましたが、私の中ではこのドラマは『亜希子と良一の純愛ドラマ』として評価したいので、こちらに参戦させました。

心温まる話の中で、育まれる確かな絆と愛にほろりと泣けてしまう作品です。

 

2位 ビューティフルライフ

腕はあるのに人気はいまいちの美容師 沖島 柊二(木村拓哉)と、難病に侵されつつも前向きに生きる 町田 杏子(常盤貴子)の、感動のラブストーリーです。

最終回は、画面が見えなくなるほど泣いて大変な作品でした。生きているってそれだけでとっても素敵なことなんだ、そんな当たり前のことに気づかせてくれる作品です。

 

1位 タイヨウのうた

難病のため「太陽の光」を浴びることのできない少女 薫(沢尻エリカ)と青年 孝治(山田孝之)の切ない恋物語です。

困難な病気を患いつつも好きな歌を歌い、そしてダメだとわかっているのに恋に落ちてしまう薫が、切なくて切なくて涙が止まらなくなりました。薫が歌う作中歌の「タイヨウのうた」は今でも耳に残っています。

 

泣けるドラマおすすめランキング~医療編~

5位 透明なゆりかご

心が揺れる医療ドラマです。妊娠・出産という奇跡を扱う産婦人科で、人工中絶や母体の術中死など、目を背けたくなる一面にスポットを当てています。

幸せそのものの若い夫婦に降りかかる、絶望の時。たった七日しか生きられないけれど、この世に生んで大切に愛おしむことに決めた夫婦の決断。どの回も、辛く苦しいものでしたが、それ以上に「命の儚さ」「命の尊さ」の両方を思い知る作品でした。

妊娠中には刺激が強いため視聴はおすすめできませんが、「妊娠とは」「命とは」を問う稀有なドラマです。

 

4位 グットドクター

泣ける医療ドラマです。サヴァン症候群の新人医師 新堂湊(山崎賢人)が、困難にぶつかりつつも、医師として成長していきます。

「全ての子供たちを大人にしたい」という願いを叶えるため、お日様みたいにみんなを照らす湊が眩しくて、回を追うごとにティッシュが離せなくなりました。

娘の脳死という直視できない現実の中、両親に迫られた選択と決断。姉妹の繋ぐ見えない確かな強い絆。2つの想いに胸を打った最終回は、目頭を押さえつつ画面に魅入ってしまいた。

心がポカポカして、でもポロポロ泣ける、温かい気持ちになれるドラマです。

 

3位 僕のいた時間

考えさせられるドラマです。澤田拓人(三浦春馬)は就職も決まり、同級生の恵(多部未華子)とも順調に交際をスタートさせます。しかしその直後、現在も完治不能な病気ALS(筋萎縮性側索硬化症)の診断が下ってしまいます。

若い拓人へ降りかかる、理不尽とも思える病気に対し「なんで僕じゃなきゃいけないんだ」という拓人の独白に胸が詰まりました。

ただ、拓人が病気で全てを奪われるだけでなく、だからこそ気づかされたことを語る最終回は後半はずっと泣いていました。20代30代なら自分と重ね合わせ、必ず泣けるドラマです。

生きることの意味、幸せの定義、目標って何だろう?そんなことに疑問を持っている人に、ぜひ見てもらいたい作品です。

 

2位 Dr.コトー診療所

人間ドラマに魅せられるドラマです。離島で医師をはじめるコトーの元に、様々な患者が運ばれてきます。

最初は離島に来る医師自体を信用していなかった島民が、次第にコトー先生に心を開く姿には、感動を禁じ得ませんでした。

限られた医療設備の中奮闘するコトーと、それでも手の隙間からこぼれてしまう命に溢れ出る涙を止められませんでした。

第八話「救えない命」は私のドラマ視聴歴の中で10指に入る感動回なので、ぜひ感動し泣けるドラマが見たいという時はどうぞ!

 

1位 コウノドリ

「出産は奇跡」そんな当たり前のことに、気づくきっかけをくれる名作です。

聖ペルソナ総合医療センターに勤める産婦人科医 鴻鳥サクラ(綾野剛)と、奇跡の結晶として生れ落ちる赤ちゃんたちの物語です。

毎回誕生する赤ちゃんのあまりの小ささや、未熟児などの実際の映像に「本当に撮影して、大丈夫なんだろうか?」と感じる場面もありました。

しかしだからこそ、ドラマにリアリティが増し、そしてそのリアリティが感動と涙をもたらしてくれています。

母と子の命の選択。中学生の出産。目覚めない少女。など、子供がいるお母さんなら必ず号泣でき、後世に残すべき名作ドラマです。

 

泣けるドラマおすすめランキング~サスペンス編~

5位 モンテクリスト伯~華麗なる復讐~

史上最も美しい復讐劇でした。信じていた仲間や友人に裏切られ、結婚式という人生で最良の日に、テロリストの一味として辺境の国に送られてしまった柴門暖。

「死」しか、抜け出すことのできないはずの監獄から舞い戻った暖が、自分を陥れた4人の人物に、完全無慈悲な復讐を果たします。

少しずつ狂った世界へ落ちていく、4人が哀れでした。復讐の果てに彼らは何を見るのか?号泣するドラマではありませんが、暖の狂気と決意に気づかぬうちに目頭が熱くなる作品です。

 

4位 Nのために

殺人事件の隠された真相に迫るサスペンスドラマです。一つの事件を紐解く中で、だれがどの『N』のために、どんな秘密を抱えて生きてきたのかが、次第に明らかになっていきます。

ストーリーにも引き付けられますが、音楽・映像が秀麗で何度もこの世界に浸りたくなります。事件の全ての真相がわかった時、それぞれの想いが切なて、苦しくて、そして尊くて、ラストシーンは涙なしには語れません。

 

3位 流星の絆

強く生きる兄弟を描いたサスペンスドラマです。流星群が流れる夜、両親を惨殺された兄弟が、悪に手を染めつつも犯人を見つけるため事件の真相に迫っていきます。

強い兄弟の絆と執念、そしてラストの展開は食い入るように画面から離れられなくなりました。最終回まで結末が読めなかった、サスペンスとしても素晴らしいドラマです。

 

2位 カルテット

心理描写が美しいサスペンスドラマです。不自然な出逢いをした4人の奏者たちが、それぞれの抱える秘密を紐解きつつ、確かな絆で結ばれていきます。

バイオリニストである真紀(松たか子)と、失踪した夫の回想シーンでは、すれ違ってしまう2人の気持ちに、気づかぬうちにハラハラと涙が頬を伝っていました。

不器用すぎる生き方しかできない大人が、それでも『彼ららしさ』を失わずに生きていく、最後まで圧巻の秀作です。

 

1位 アンナチュラル

不条理な死に立ち向かうサスペンスドラマです。USI(不自然死究明研究所)に勤める三澄ミコト(石原さとみ)が、不条理な死の真相を解明していきます。

5話の「死の報復」では、被害者遺族の悲しみと絶望に胸が締め付けられ、ラストのシーンでは共鳴しすぎて号泣してしまいました。

泣けるだけでなく、サスペンスドラマとして特別な輝きを放つ作品だったので、未視聴の方はぜひこの機会にご覧ください。

 

泣けるドラマおすすめランキング~ホームドラマ編~

7位 白い春

親の愛の尊さを感じるドラマです。元ヤクザで殺人を犯し出所した春男(阿部寛)と、強面だけど血のつながらない娘を愛する村上(遠藤憲一)、2人の親が与える『違った形の愛』に毎回ウルウルしてしまいました。

ラストに関しては、私は『納得していない派』ですが、それでも中盤までは素晴らしかったので、泣けるドラマではランクインです。

 

6位 アルジャーノンに花束を

幸せとは何かを考えさせられる名作です。知的障害を抱える青年ハル(ユースケ・サンタマリア)が、知能回復手術を受け天才へと変貌します。

しかし、その変化により「人は裏切る」「人は嘘をつく」という事実に気づいてしまったハルが、周りの見え方や感じ方に戸惑い苦悩していきます。

「アルジャーノンに花束を」というタイトルが、最後に効いてきて、そしてハルの悲劇的な運命に悲哀を隠せませんでした。

ラストは原作とは異なっているため、原作だけを知っている方はぜひこちらも視聴してみることをおすすめします。

 ※2015年に山下智久でリメイクされた作品も視聴しましたが、私はこちらの作品の方が泣けました。

 

5位 ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏~

母と子の絆を感じるドラマです。一級建築士として働く明日香(天海祐希)は、会社の健康診断ですい臓がんのため「余命3か月」という宣告を受けてしまいます。

そんな明日香が、昔捨てる形になってしまった娘への心残りをなくすべく『最後の夏』を娘に捧げることを決意します。

重いテーマなのに、限られた時間を明るく生きようとする明日香に、何度も励まされました。最後まで、死が迫っているのに温かい気持ちになれる名作です。

 

 

4位 mother

母というものをテーマにした作品です。『家族』というものと無縁で、研究に没頭していた鈴原 奈緒(松雪泰子)は、研究所が潰れてしまい、急遽理科の教師として働くことになります。

しかしそこで、虐待されている道木 怜南(芦田愛菜)と出会い、彼女の母親になることを決意します。
これほど泣いた作品は、中々ないという位、涙腺が崩壊しました。世の母親なら、必ず泣けると言いきれるほど、「母」というものについて考えさせられました。

奈緒の実母うっかりさんの過去話では、本当に顔がぐちゃぐちゃになりました。ただ泣けるだけではない、心に響くドラマなので、まだの方は是非一度見てほしい感動作です。

 

3位  今、会いに行きます

奇跡の再会に涙が止まらないドラマです。1年前に他界したはずの澪(ミムラ)が、息子 佑司と夫 巧(成宮寛貴)の前に不意に現れます。奇跡の再会に驚きつつの喜んでいたのもつかの間、澪は記憶喪失になっていました。

夫婦だけど2度目の恋をする巧と澪のピュアな恋に心を洗われつつ、避けられない運命に涙がこぼれてしまいます。

原作・映画・ドラマと全てを読み見ていますが、ドラマも映画も原作も素晴らしかったという、他に類を見ないタイトルです。

 

2位 1リットルの涙

号泣必死のドラマです。主人公の亜矢(沢尻エリカ)は、希望に満ちた高校生活を送る中ある日突然、完治不能な病「脊髄小脳変性症」という病魔に侵されてしまいます。

次第に体の自由が奪われていく様子や、それでも折れずに前を向き続ける亜矢、そしてそれを献身的に支える家族と友たちに、涙腺が壊れたかと思うほど泣かされました。

奇跡は起こらないけれど、結果はわかってはいるけれど、それでも感動し泣けてしまう傑作です。

 

1位 ビューティフルレイン

心が震えるドラマです。妻に先立たれ、父1人娘一人で支え合ってきた圭介(豊川悦司)と美雨(芦田愛菜)は、質素だけど穏やかな生活を重ねていました。

しかしある日、圭介が「若年性アルツハイマー病」と診断されると、穏やかで平和だった幸せが、次第に音を立てて壊れていきます。

今までできていた事、覚えていられたことが突然できなくなってしまう圭介の混乱と、苦悩。そしてまだ小さいながら父を献身的に支えようとする美雨の姿に胸が苦しくなりした。

いずれ全てを忘れてしまう圭介の願いと、全てを覚えていて前へ進む美雨の思いに、涙が溢れてとまりません。最終回はぜひティッシュを箱で用意して、視聴に臨んでください。

  

泣けるドラマおすすめランキング~総合編~

さてここからは先ほど紹介した作品を、月城独自のランキングで編集しました!

一番泣けるドラマが知りたい!とにかく泣きたいんだ!とい方は、ぜひ上位のランキング作品を選んでください。

21位 リッチマン・プアウーマン

20位 透明なゆりかご

19位 義母と娘のブルース

18位 モンテクリスト伯 ~華麗なる復讐~

17位 白い春

16位 グットドクター

15位 Nのために

14位 僕のいた時間

13位 流星の絆

12位 アルジャーノンに花束を

11位 カルテット

10位 ビューティフルレイン

9位 ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏~

8位 アンナチュラル

7位 mother

6位 タイヨウのうた

5位 Dr.コトー診療所(2004年)

4位 いま会いに行きます

3位 1リットルの涙

2位 ビューティフルレイン

1位 コウノドリ

 コウノドリ、ビューティフルレインは、子どもがいるお母さんやお父さんは、必ず泣けるといっても過言ではないので、ぜひぜひ視聴してみてください。

まだ若い方なら、タイヨウのうた、僕のいたい時間をおすすめします!

 

まとめ

切ない恋、避けられない命の選択、迫る病魔、心温まる家族の物語など、泣けるドラマはたくさんあります。ぜひ、自分の琴線に触れるドラマを見つけて、時には思いっきり泣いてみてくださいね!!

今回のランキングを書くために、いくつか新しいドラマを制覇しましたが、白い春とか僕のいた時間のラストとか、本当に泣けて泣けて大変でした。

映画と違ってドラマは、回を重ねるごとに感情移入が激しくなるので、泣ける作品は本当に目と鼻が大変なことになりますね。

 

泣けるおすすめ漫画の記事を書いているので、ぜひドラマに少し疲れたらこちらもどうぞ!

今期のドラマ『大恋愛』もすでにかなり泣いているので、ラストまで見て納得したらランキングに加えたいと思います!

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

 

月城

 

ドラマ関連エントリーはこちら!